SAKELOGY[サケロジー] | 飲食店・小売店の方へ
16
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-16,qode-social-login-1.0.2,qode-restaurant-1.0,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.6,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive

自慢の地酒を、お客さまにお楽しみいただきたい

自慢の地酒をお客さまにお楽しみいただきたい

飲食店・小売店の方へ

日本酒で、世界をおもてなし

旅先でしか飲めない、その土地で醸されたお酒。
おすすめされたお酒から知る、その酒造りにまつわる意外なストーリーや知識。
ラベルが気になって手に取った、新たなセレンディピティ

 

日本酒は、単に酔うための飲み物ではなく、
私たちに様々な “出逢い”をもたらしてくれるものです。

 

「種類が豊富な日本酒。どれを選ぼうかな~」

 

日本酒の知識があれば、選ぶのも楽しみの一つ。
でも、自分で選べるほど、日本酒の知識がない人にとって、
銘柄を「選ぶ」ハードルはとてもたかい

 

SAKELOGY (サケロジー)」は、日本酒に特化したデジタルメニューを作成できるオンラインシステムです。
けっして、日本酒の専門家だけに向けたサービスではありません。

 

むしろ「お客様に美味しい日本酒を飲んでもらいたい」「英語は苦手だけれども、地元のお酒を伝えたい」という飲食店さまや、小売店さまにこそ、
ぜひご利用いただきたい、”日本酒接客のサポートツール”です。

 

日本酒の接客を、もっとかんたんに。

 

SAKELOGYは、日本酒の敷居をさげるシステムであり、
日本酒を通じて、ゆたかな時間を提供するサービスでありたいと思っています。

登録画面へ

SAKELOGY とは?


SAKELOGY(サケロジー)は、日本酒の接客をおこなう飲食店・小売店向けのサービスです。

 

お客様に提供する日本酒を検索し、あとは提供価格と提供方法を設定するだけ。誰でも簡単に、詳しい日本酒のメニューを作成することができます。

 

SAKELOGYで作成したスマホメニューには、商品ごとの味わいや、酒米や精米歩合といった詳しい情報まで網羅されているので、お店のスタッフが記憶する必要はありません。

 

専門用語がおおく、説明がむずかしくなりがちな日本酒の情報はSAKELOGYにお任せ。お店のスタッフにはお客様の対応に専念していただけます。

日本酒の接客は、たいへん?


日本全国で造られている日本酒。その種類は10,000種類以上ともいわれています。種類の多さにくわえて、日本酒は専門用語が多いのでむずかしくなりがち。

 

「純米のお酒をください」というお客様の言葉に、日本酒に詳しくないスタッフはお客様の意図がわからず、戸惑ってしまいます。日本酒に詳しいスタッフに確認したくても、忙しい接客現場のオペレーションが滞ってしまうことも。

 

しかし、そのお酒の魅力がお客様に伝わらなければ注文してもらえず、販売機会を逃してしまいます。

 

SAKELOGYは、そんな日本酒の接客の”たいへん”を取りのぞき、もっと簡単にお客様をおもてなしできるサービスです。

SAKELOGYの特徴


メニュー作りのストレスから解放

メニュー作りの手間から解放

日本酒の銘柄を選択して、提供方法と価格を設定するだけ

スマホメニュー

スマホメニュー

基本情報に加えて、詳しい商品情報はスマホメニューで提供

英語にも対応

英語にも対応

わかりやすい英語の解説で、急な外国のお客様の対応も安心

豊富な日本酒のデータベース

豊富な日本酒のデータベース

5000銘柄が登録済み。

協力蔵元様も増えています。

簡単な操作方法

簡単な操作方法

スマホでもパソコンでも、直感で操作できます。

ラミネート加工

ラミネート加工

プロの印刷仕上げ、ラミネート加工もおまかせください!

メニュー作りのストレスから解放

メニュー作りのストレスから解放

SAKELOGYであれば、日本酒のメニュー作りがとっても簡単につくれます。SAKELOGYシステムで商品を選択して、提供方法と提供価格を設定するだけ。あとはお好みのメニューテンプレートを選んでPDFをプリントアウトするだけ。在庫切れの日本酒も、瞬時にメニューから外せます。

スマホメニュー

スマホメニュー

プリントアウトしたメニューに印字されたQRコードを読み取ると、さらに詳しい日本酒の情報が。お酒の説明や注文できる温度の確認、ツウ向けの詳しい日本酒データまでお客様へお伝えすることができます。

英語にも対応

英語にも対応

SAKELOGYは、日本語と英語に対応しています。SAKELOGYで使用される日本酒の専門用語は、日本語からの機械翻訳ではなく、日本で酒造りをおこなっていたアメリカ人が解説を担当しました。酒造りをおこなっていたからこそ、的確でわかりやすい解説になりました。今後は、中国語にも対応していく予定です。(リリース時期は未定)

豊富な日本酒のデータベース

豊富な日本酒のデータベース

約5000種類の日本酒のデータベースを保有するSAKELOGY。蔵元からの直接提供していただいたり、弊社スタッフが調べた日本酒の情報を、SAKELOGYシステム内で公開しています。お客様のご要望に応じて、データベースは月に複数回更新しています。

簡単な操作方法

簡単な操作方法

簡単な操作性にこだわったSAKELOGY。ITにくわしくない人でも、パソコンをつかわない人でも、日本酒にくわしくないアルバイトスタッフでも、だれでもSAKELOGYを操作できます。

ラミネート加工

ラミネート加工

SAKELOGYのメニューは、PDFをプリントアウトして使用します。お店にプリンターがない、近くにコンビニがないのでプリントアウトができないという声から、メニューの印刷・ラミネート加工サービスがはじまりました。コンビニや家庭用のプリンターでは対応できない、高画質印刷・断裁・ラミネート加工で、見違えるほど見栄えの良いメニューをオプションでご利用いただけます。

登録画面へ

SAKELOGYは、こんなお店におすすめ


10~30銘柄の地酒や特定名称酒がメイン

SAKELOGYでは特定名称種から普通酒、日本酒がはいったリキュールに対応していますが、とくに特定名称酒の日本酒で使用される専門用語についてくわしく解説しています。現在、SAKELOGYで推奨しているのは、提供する特定名称酒や地酒が10銘柄~30銘柄の飲食店・小売店さま。今後は、50銘柄、100銘柄、500銘柄など、さらに多くの銘柄をご提供される店舗様向けの機能もリリースしてまいります。

新たにITツールを購入せずに、SAKELOGYを使いたい

SAKELOGYを店舗に導入するにあたり、新たに専用のデバイス(iPadなどのタブレット端末やスマートフォン)をご用意いただく必要はありません。日本酒のメニューは、今お使いのパソコンやスマートフォンで作成できます。来店されたお客さまは、自分のスマートフォンを使用して、メニューに印字されたQRコードを読み込んでご利用いただけます。

※ wifi環境でのご使用を推奨いたします。

 

別途タブレット端末をご用意いただくと、デジタルメニューとしてご利用いただけます。(現在、弊社ではタブレットの販売は行っておりません)

日本酒の接客に十分に時間がとれない。専門スタッフ不足。

目の前のお客さまを接客中なので、他のお客さまから呼ばれてもすぐに対応できない

お客さまから日本酒について質問されても、実は詳しくない

もっとスマートかつタイムリーな日本酒接客にはSAKELOGYがオススメです。 SAKELOGYのスマホメニューなら、唎酒師と同等の日本酒情報をお客様へ提供できるので、SAKEソムリエとしてご利用いただけます。

SAKELOGYを導入すると、どんな効果がありますか?


日本酒を接客するプロである国際唎酒師レベルに準じた接客ができるようになります。

SAKELOGYを導入すると、どんな効果がありますか?


日本酒を接客するプロである国際唎酒師レベルに準じた接客ができるようになります。

詳しい製品情報はSAKELOGYにおまかせ。酒米や精米歩合などの詳細情報を暗記する必要がなくなります!

急に海外のお客様が来店しても大丈夫。SAKELOGYは英語にも対応。
正しい情報をわかりやすい説明でお伝えするのも、おもてなしのひとつ。

「このお酒の飲み方は?」

「このお酒にあうお料理は?」

など、よく聞かれる質問にもSAKELOGYがお答えします。

「ジャケ飲み」するのも、日本酒の楽しみの一つ。日本酒の瓶やラベルを一つ一つ撮影しなくても、画像はSAKELOGYがご用意いたします!

(画像のご用意がない銘柄もございます。)

登録画面へ

SAKELOGYで来店したお客様へ提供できる情報


日本酒の説明

提供温度と提供価格

お酒に合うお料理

専門用語の解説

(現在準備中)

ソムリエ機能

(現在準備中)